中国製ソーラーパネルの経年劣化

MENU

太陽光発電バナー

中国製のソーラーパネルは危ない?

 

「中国製は経年劣化が激しいようです」

 

  ※参考ニュース週刊ポスト2012年10月12日号

 

 

中国製のソーラーパネルは安値のため爆発的に世界中に出回りました。そんな中国製ソーラーパネルにある疑惑が持ち上がっています。「10年後に出力が50%位になるのではないか?」という疑問です。

 

実際に実験をした結果、そういうデータが出てしまったようです。やはり安いには安いなりの理由があったということではないでしょうか。

 

日本製は経年劣化が少ないことは実証されている

 

それに比べ、日本製のものは非常に優秀。
経年劣化が確実に少ないことが実証されていますのでまずは一安心です。
ただ、その技術力を中国に真似されないかがきわどい部分のようです。

 

日本は蓄電技術でも世界一です。

 

商用レベルの実用化に世界で初めて成功してますし、
今後の太陽光発電にとって欠かすことができないのが蓄電技術です。

 

太陽光で発電した電気を蓄電池に貯めておくことができれば、電気の自給自足ができるようになります。日本の高い技術力ならば、太陽光発電システムと蓄電池のパッケージ戦略で、もう一度世界に名をとどろかせることが出来ると思われます。

 

いくら安く太陽光発電システムを導入したいとしても中国製はやめておいたほうが無難かもしれません。

 

  ※参考ニュース中国の太陽電池業界がかつてない危機に